• 2020.02.22

葵と雷

  葵の柄の帯を制作しています。二葉葵の文様を図案にしたものです。葵の葉は、ハートの形をしていて可愛いですね。そして、その上の四角い形の渦巻き、これは雷を表す文様です。 この柄、かなり久々の制作となります。5年ほど前に初めてつくられましたが、雷の文様のバージョンは少量しか制作されず、その後は、雷の部 […]

  • 2020.02.15

見せる 伝える すすめる

  商品を紹介したい、というときに、肝心の商品が手元にないときは、上の写真のように、PC(あるいはタブレット)に商品の画像を表示させて、見てもらっています。便利な時代になりました。指で画面を動かすだけで、サクサクとたくさんの写真を見ることができます。PCの中にあるデータほどの量の商品を実際に持って移 […]

  • 2020.02.08

愛しの角帯、そして着る機会

  昨年、自分用の角帯をつくりました。(上の写真です) 自分で色を決め、自分で糸を染め、自分で柄を考え、自分でその通りに織り、…と、自分の好みの赴くままにつくったものです。もちろん、とても気に入っています。 できあがったときは、さあ生地がくたくたになるぐらいまでつかうぞ、と意気込んでいたものですが、 […]

  • 2020.02.01

勝手な思い込みかもしれないが

さて、今年も1月が終わりました。早い。しかし振り返ると、決して薄っぺらに日々を過ごしていたわけではなく、いろいろやってきたな、と感じます。良いことですね。 そして、今年もまだ1ヶ月が過ぎただけだというのに、さまざまな変化が起こりだしているのを感じます。ゴトゴトと音を立てて動き始めているという感じです […]

  • 2020.01.25

シンプルになった結果

『回り道してシンプルになる』http://hattori-t.com/2019/12/21/mawarimichishitesimpleninaru/ 以前の記事で、良い図案と、そして良い配色の両方を新しく成立させるのは難しかった、ということについて書きました。そのときは、もっと何か違う発想が必要に […]

  • 2020.01.18

知ってるとできるは違う

つくづく、頭と身体を駆使する必要があることだと思います。 といっても、何かのスポーツの話などではなく、綴を織る作業のことです。 爪掻本綴は、柄を織り出すときにジャカードの助けを借りずに、すべて人の手によって作業が進められます。どこからどこまで糸を通して、どのように柄を形作っていくのか、人の手…だけで […]

1 19