• 2020.09.19

どうなるチャレンジ2

経緯はこちらです。↓     ざっくり説明しますと…これまで、織り手さんに仕事を依頼するにあたって、できる限り具体的にかつ詳細に制作指示をする、という方針でやってきましたが、挑戦的な試みとして、それとは逆の方法でやってみた、というわけです。つまり、大まかな指示や、柄や配色のイメージは伝えますが、細か […]

  • 2020.09.12

現場と中継が繋がっています

新型コロナウィルスに対する受け止め方も、人それぞれ徐々に変化してきたように感じますが、人が集まることに対して抵抗感があるというのは、ある程度共通のことではないかと思います。 そんな中で、人を集めることを前提に商売をしてきた身としては、いまだに全力でアクセルを踏めない状況が続いていますし、人が移動して […]

  • 2020.09.05

歴史的風致形成建造物に指定されました

これまで改修を進めてきた町家が、この度、京都市の「歴史的風致形成建造物」に指定されました。 歴史的風致形成建造物https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000097502.html これは、この建物の価値を見出し、道を示し、そして整えて下さった関係者の方々の […]

  • 2020.08.29

世代交代について

「世代交代」と聞いて、良いイメージと悪いイメージ、どちらを思い浮かべる人が多いでしょうか。一般的には、古いものが刷新されて、新しく鮮度の良いものが入ってくる、という感じでしょうか。自分が古い側か、新しい側のどちらにいるかで、考え方も変わってくると思いますが… 良いイメージの方が大きく、歓迎されること […]

  • 2020.08.22

織り手さんの個性2

以前にも書いたことがありますが、人に個性があるように、人の持っている技術にも個性があると感じることがあります。帯の柄を織るときのそれぞれの得意分野の違いや、できあがる生地の質感の差異など、本当にさまざまなところに織る人の個性がにじみ出てくるなあ、と感じます。そして、それはその人が技術を培ってきた過程 […]

  • 2020.08.15

染め場の稼働2

    先週に引き続き、町家の中に新しくできた染め場にて、糸染めをしていました。先週は紫根染めをしていましたが、今週は紅葉をつかった草木染めです。紅葉の草木染めは毎年行っていて、仕事場の表の庭にある紅葉の木から枝葉をいただいています。つまり、自前の植物をつかった草木染めです。 毎年、夏のこの時期にな […]

1 24