• 2022.01.01

あけましておめでとうございます

  あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 何かと慌ただしかった昨年末でしたが、無事に新年を迎えることができました。…と思ったら、内輪の話ですが、新年早々大きな出来事が起こったりと、一筋縄ではいかないなあ、と思ったりもしています。社会情勢的にも、またもやコロナ禍の緊張 […]

  • 2021.12.25

平常の土台

  さて、もう年末です。今年は自分なりに密度は濃かったと感じていますが、それでも過ぎてしまうとあっという間でした。やはり今年もコロナ禍にかなり振り回されたという印象が強い1年でした。感染の波が寄せては返しと訪れましたが、その幅が相当大きかったように思います。それでも、秋頃からだんだんとそして着実に回 […]

  • 2021.12.18

茜染めについての取材

  今年の夏に行った、茜の草木染め。京都の美山へ日本茜を採らせてもらいに行き、その茜から色をいただき糸を染め、色鮮やかに染まった糸を使って帯をつくり、展示会へ出品しました。美山での日本茜の栽培。長期に渡って地道に続けられている取り組みですが、そこへ先日取材が入ったそうで、今年の展示会のこともあり、茜 […]

  • 2021.12.11

自然体の説明

  綴、というものは、説明が必要なものだとつくづく思います。 幾度となく、綴というものについてお話をしていますが、「綴」と聞いて、そういうものが在る、ということはご存じでも、具体的にどういう織物でどんな技法が用いられているか、ということまで把握しておられるケースは非常に稀です。なので、そのものについ […]

  • 2021.12.04

師走感、疾走感

  さて、12月に入ったわけですが、今年はまさに「師走」という感じがしています。いろいろなことが詰まった日程になっていて慌ただしく、師走感を味わっています。うちは、師走や年末だからとか、そもそも時期によって忙しいということはあまり無いですし、この1~2年の状況を振り返ると、この慌ただしさはまさに嬉し […]

  • 2021.11.27

基礎をしっかりと

  気が付くと、11月ももうすぐ終わろうとしています。いろんな人と「今年は早かったですねえ」と言葉を交わす時期ですね。今月は、幸いなことにコロナ禍も落ち着いていたので、今がチャンスとばかりに外回りの営業活動に力を入れていました。また波は来るにしても、このまま安定した状況が続いてくれれば良いですが… […]

1 10