紫と緑

紫と緑

今、織っているものは紫色のエリアに入りました。
これは、仕事で使う色見本になる予定です。色が切り替わりながらずっと等間隔で続いているのですが、これが100色続きます。この写真の所で確か65色目で、出来上がると3m40cmほどの長さになります。横幅は30cmほどです。
丸巻き(巻物状)にして持ち歩き、打ち合わせなどで、これを見ながら図柄の色を指定したりします。昔から使っている色見本がいくつかあるのですが、どれも年季が経ってくたびれているので、新調兼個人的な練習をしているというわけです。
ベテランの職人さんであれば、数日で織り上げてしまうレベルのものだと思いますが、なにぶんいろいろ未熟なのと、日々の仕事の前と後にしか町家に来れないため、遅々として進みません。常駐できれば良いのですが、なかなか難しいところです。

緑が生い茂っていますが、これは町家の庭です。
建物と同様に、この庭も放置されていたので、その間におそらくタフな植物だけが生き残って、生え放題、伸び放題になったのでしょう。
去年の秋冬に、溜まっていた古い草を取り除いて日光が地面によく当たるようになったからか分かりませんが、前の夏よりも勢力を増しているように感じます。

今は、どこまで伸びるのか、増えるのか見守ってみるというスタンスですが、いずれ何かしらの対処をするだろうと思います。