年末と鶴

年末と鶴

さて、もうめちゃめちゃ年末ですが、あまり年末感はありません。今日も町家で少し作業しましたし、明日の大晦日もやることを考えています。あまり仕事納めということを考えず、暮れも明けも、少しずつコツコツ物事を進めていくスタイルでいってみようと思っています。

町家での織りの方は、今日で一段落ついたので、また、次へ向けての準備を進めていきたいと思います。次は、僕にとっては大がかりなものになる予定です。
今年は、町家の方では大きな進展があったといえます。去年までは本当に一人で織機を建てたり掃除や整理などをしていましたが、今年は関わる人が増え、今後の有効活用という意味では大きな一歩を踏み出したと思います。

今年は、体感的にはあっという間だったなという感じはしますが、ちゃんと振り返ってみるといろいろやったなと思います。去年の秋から、本格的に家業に加わりましたが、経験がほとんどなかったのでその分様々なことを吸収したと感じるのでしょう。
今年は主に帯の製作の方の知識・経験を積んできまして、これは自分の好きな方面なので楽しくてしょうがないのですが、やはり、商品が出来上がってくると、これを売ってあげないと次に繋がらないという意識になります。なので、来年は販売の方に力を入れていくことになるでしょう。

帯の図案・配色も今年に入ってからやり始めましたが、これも絵を描くのが好きということが活かされています。このような、ものづくりに関することをやっていると思いますが、好きなことや興味があったことに実際に着手し始めた時、要は、やり始めは色々とアイデアが出るものです。来年は出涸らしになっていないように頑張っていきたいと思います。
今回の一連の写真は、今年最後に作った図案と商品でした。鳥(鶴)を形どっているのが分かりますでしょうか…?