応用問題は難しい

応用問題は難しい

以前の記事で途中まで紹介していますが、その時に織っていたものがこのような青色グラデーションの名刺入れになりました。

これまた以前の記事で、別の名刺入れを試しに作っているのですが、それが問題なく使えることが分かったので、このたび第2弾が出来上がったのでした。前のものよりも自分の趣味(青系統…グラデーション…など)にかなり近づけています。

綴織の生地は、厚みがあってしっかりしているので、裏地をつけたり他に仕立てをしなくても、物を出し入れする用途でも形が崩れたりせずに使うことができます。同様のものでうちの商品では、懐紙入れなどがあります。着物の帯でも、綴織の帯は裏地をつけずに締めることができます。
このような綴織の特徴ですが、その厚みと生地のコシのため、切ったり貼ったりなどの色々な加工はし辛いだろうなと思います。最近、西陣織の生地が家具やインテリアなどに使用されていますが、個人的には、綴織はそちら方面に展開していくのは今のままではなかなか難しそうだと感じるところです。量産にも不向きですし。
常々、帯の他にも実用性のあるもので新しく商品展開できるものは何かないかなと考えていますが、なかなか思い浮かばないのが現状です。
ただ、こと帯としての用途では、使い勝手は抜群です。裏地無しで締められるほど、しなやかで丈夫な生地ですが、さらに、一度締めると非常に緩みにくいという特性があります。これは、実演するのが最も分かってもらいやすいのですが、何か他に効果的な見せ方・伝え方がないか、現在模索中です。そして、これは新しいキーになり得るか、これも模索中です。