ただいま萌芽中

ただいま萌芽中

すっかり春の様相ですが、まだまだ三寒四温で急に寒くなったりもしますね。そんな中、町家の方ではいろいろと芽が出てきています。植物は季節を分かっているのでしょうかね。

ドクダミです(よね?)。これは庭から出てきています。今年は、庭の雑草を減らそうと、冬のうちにかなり手を入れましたが、それでもしっかり生えてきています。去年の今頃は、この場所にはセイタカアワダチソウがもりもりと生えていて、それを文字通り根絶すべく頑張ったら、今年は入れ替わりで全然違うものが芽を出してきたわけです。一体どこから種が運ばれてくるのでしょうか。土壌も優れているのかな。

こちらは、庭ではなくガレージに生えている植物です。名前は分かりません(知りたい)。こいつは本当に尋常じゃない生命力で、ガレージの地面はコンクリートなのですが、その端の割れ目から茎を伸ばし勢力を広げ、高さは軽く天井まで達し、放っておくとガレージ中に伸びていくのではと思わせる怪物的な繁殖力です。さらに、写真の緑色の新しい芽は、根から切り離された茎から次々と生えてきているのです。この強靭さには目が眩みます。生命力の強い植物が織物の文様になるというのも頷ける話です。

しかしそれでも、摘み取られる芽と、そうならずに伸びていく芽とがあります。おそらく今回の写真の芽は摘み取られるでしょう。それは、僕がここで伸ばしたい他の芽があるからです。まだまだ地中にあったり、これから蒔かれる種ばかりで、伸ばすのにも手がかかると思いますが…それでも、強い力を持った芽になることを願うばかりです。