水の行方は

水の行方は

各地で大雨が降り、甚大な被害が出ました。被災された地域の一刻も早い回復・復興を願います。
京都市でも桂川周辺では道路が冠水し、鴨川も護岸が一部崩壊しました。自宅近くの川も水量を増し、濁流が轟音とともに流れていました。避難に関する通知がひっきりなしに鳴り、気が休まりませんでしたね。
自宅や仕事場には被害はありませんでしたが、町家の方にはありました。大雨による雨漏りが気になって様子を見に来てみると、玄関から奥の土間まで続く通り庭が一面浸水していました。

これには驚きました。この家の近くには川などは一切無いからです。一番床が窪んでいる所では足首まで浸かる深さがあって、地べたにあった段ボールなどが軒並み被害を受けました。
最初は天井からの雨漏りでここまでの状態になったのかと思いましたが、雨漏り対策で天窓の真下に置いてあったバケツには一滴の水も溜まっていません。非常に不思議に感じましたが、すぐに、水は上からではなく下からきたのではないかと思いました。この走り庭の下には古い土管の排水管が通っていて、それが詰まって地面の排水溝から溢れ出したのではないかと。
また、奥庭の排水溝が溢れ、それが中に流れ込んでいたのでは、という説も出ました。いずれにしても現時点では原因は分かりません。
ともあれ、この水をどうやって外に出そうかと途方に暮れましたが、その時は作業に費やす時間がなく、とりあえず棚上げし、町家を後にして一夜が明けました。

一夜明けてみると、上の写真のようにかなり部分の水が引いていました。一番深い所にはまだ残っていますが、その他は乾いている所も多く、一体あの水はどこに行ったのでしょうか。といっても、地面から抜けていった以外には考えにくいかと思います。
これまで雨が多く降った翌日に来てみると土間の地面が濡れていたのは雨漏りによるものと思われていて、そこの補修が必要とされていましたが、もしも原因が排水関係にあるならば、そこの取り替えが急務となってきます。