個人練習

個人練習

 

これは、個人練習で織っているものです。
「椿」の柄なのですが、全体が見えないですし、いろいろと糸が多く、分かりづらいですね。
もちろん、いつもの織り手さんたちの仕事と比べると、まだまだ拙いものです。

スローペースながらも、自分で織る練習を続けています。
図案を見ながら、どのように織るかを考えつつ、糸を織り込んで形をつくっていくというのは、とても歯応えがあって楽しいものです。
しかし、最近では、自分でイメージしているように織れないもどかしさの方が大きくなってきました。
これも、未熟さを自覚したということで、1つ先のステップに進んだということでしょうか。(都合が良い?)

自分の本分としては、つくってもらった商品の販売なのですが、この織る練習や勉強はこの先も続けていきたいと考えています。
それはなぜか。

まず、それをするのが楽しい、おもしろい、ということが、根本的なものとしてあります。
もどかしさがある、と書きましたが、それも、楽しいという土台があってのことです。
ただ、今となっては、単に楽しいというよりも、「必要だ」という意識の方が強いかもしれません。

商品を販売する、つまり、説明したり提案したりするとき、実際に自分で織ることで得た知識や経験は、発する言葉に説得力を与えてくれる、と思っています。
むしろ、それが無いと、うわべだけの薄いものになってしまい、結局見透かされてしまうでしょう。
僕は、よく知らないことをさも専門家のように語れる人ではないので、自分で体験することが必要なのですね。

さらに、そういった知識、経験は、図案づくりやデザイン、配色にも活かすことができます。
無理なく良い柄をつくるため、また、無理難題なものづくりを避けるため、そして何より、自分の発想やお客様の要望を、自分の手で試してみる、実験できるようになるために、織る練習は必要だと思います。

しかし、内心最も必要だと感じているのは、自衛、つまり自分の身を守る力を持つため、かもしれません。
これから先、ほぼ確実に人材難になるので、それに備えて織り手さんたちと協力できるよう取り組んでいますが、いつどんな理由で何が起こるかは分かりません。
もしもそうなった場合、仕事を頼んだり、指示できる権利や権力だけがあってもどうしようもない…そういった恐怖感が常に頭の奥底にあるのです。
もちろん、自分の仕事だけで全て賄えるような甘いものではないですが、それでも、何かあったときのために、自力をつける必要性は感じています。

といった感じで、良いことずくめの個人練習、進みが遅いのが悩みの種ですが、これからも励んでいきたいと思います。