Twitterすごいな、という話

Twitterすごいな、という話

実はTwitterをやっていて、細々と爪掻本綴について発信しています。
で、つい先日のあるツイート(上のもの)が、普段の規模感の何十倍のいいねとリツイートを記録したので、めったに無い機会ということもあり、書いておこうと思います。
(1/23時点で1000超のいいね、500近くのリツイートでした)

#画像4枚上げて200RT目指す』というTwitter上のタグがあって、それに乗せて投稿したところ、多くの人の目に留まった、という次第です。
このタグは、伝統工芸界隈だけではなく、ハンドメイド作家や写真家などなど、様々なクリエイターの方々が使っていて、たまたま僕も他のツイートが流れてきて知って、これに乗っかった。という経緯です。

ツイートした当初は、200ものリツイートは無理だろうけど、いつもより拡散される機会になれば良い、といった意識でしたが、あれよあれよと数が増え、タグの中身を超えていきました。
なぜこうなったかは、正直分かりません。多分運が良かったのだと思います。
しかし、爪掻本綴のポテンシャルを感じることはできました。

数を稼ぐことが必ずしも正しいとは思いませんが、今回は爪掻本綴というものの認知をなるべく多くの人に広げるということを目的に行ったので、この数字には素直に満足していますし、反応して下さった方々にはただただ感謝です。
しかし、実際どれくらいの人の目に留まったか、あるいは反応があったか、という内部データも見れますし、確かに他のツイートとは比較にならない数ですが、これをもって大幅に認知が進んだ、などと考えるのは早計だと思っています。
今回のツイートを見た人の多くは、なんとなく見ている、だったり、見てもすぐに忘れる、ということがほとんどだと思うからです。(自分もそうだからです)

もちろん、きちんと興味を示して下さる人もいます。
なので、この先やるべきことは、そういった人々の興味を繋ぎとめて、さらに広げていくために、地道に発信を続けていくことだと思っています。