健康と松

健康と松

今週は、半ばくらいに体調不良に見舞われ、機能停止状態のようになっていました。
現在は、もうすっきり治っていて、結果的にはただの風邪だったのですが、今の時期に体調を崩すと、いろんなことを疑ったり、予測したり、気を遣ったりと、散々だったので、本当に健康は保たないといけないな、と身に染みました。
予定を立てていたことも、延期になったり、進行が遅れたりと、不甲斐ない限りです。
そんな中、1つの配色については何とかやり切って、織り手さんに渡すことができました。

 

 

図案が下に敷かれたまま写真を撮ってしまっていて、チラ見せみたいになっている気もしないですが、描かれているのは松葉の柄ですね。
体調が良くない中、松の柄(健康や長寿を表す縁起柄)をつくるというのも、何だかおかしな気がしますが、健康祈願のようなものだったのでしょうか…

松の柄の色というと、深緑の系統が一般的で、次いで金銀、のようなイメージが個人的にはありますが、最近では、この松葉の部分をパステル系のマルチカラーで表現したり、この写真にあるエメラルド系で配色したりと、少しずつ変化を加えています。
特に今回は、地糸が暗く濃い色なので、それに松葉が映える・浮かび上がるような出来になれば良いな、と期待しています。
織り上がりが楽しみです。