今年も桜は綺麗

今年も桜は綺麗

 

今年も桜を見ることができました。
写真で、桜の奥に流れているのは京都の琵琶湖疎水で、京都市動物園の中から撮影しています。
このときは時期も良く、園内も、疎水の沿道や鴨川の並木も満開に咲いていて、素晴らしいものを見れました。
その後、あまり知られていない(と思われる)桜の名所に行きましたが、一歩遅く、半分以上が散ってしまった後でした。
今年は本当に早咲きでしたね。

それとは別の、近所の桜の名所のこと。
これまでは、春になると宴会場や出店ができて、人も多く、連日夜遅くまで花見が盛り上がっていたものですが、ここ2年はそれも姿を消し、花見客がまばらに歩きながら、静かに楽しんでいる、という感じでした。
そこでふと思ったのは、コロナ禍がいずれ収束して、宴会場や出店が復活したとして、完全に以前のような賑わいが戻ってくるだろうか、ということです。

他の場面でも同様で、人と人とが接触したり、交流することが強力に制限されている現在から、それが無くなったとして、完全に元のように戻るのだろうか。
接触・交流することについて、少なからず考え方が変わっている人が、もしかすると相当数いたりするのでは?
例えば、着物を着る機会についても、これまでとは違う形のものが生まれたりしないだろうか?

コロナ禍以前のように戻ることをイメージして、ものづくりや商売を立て直すことだけを考えていると、良くないのではないか、と思ったのでした。
どのように変わっていくか、甚だ予測はつきませんが、適応していく他はないですね。そして、何といっても早く収束してほしい。