色を並べるのは大変

色を並べるのは大変

今週は、糸と睨めっこしている時間が長かったような気がします。
そして、上の写真のように色糸を選り分けました。近い色のものを集めてひと固まりにしています。
これから配色を始める…というよりは、配色は頭の中でもうかなりイメージができています。
今回は、いつものように図案があって、その中の柄の各部分に対して色を当てはめていく、というような配色ではなく、言ってみれば「色を良い感じに並べていく」というやり方なのです。

と言っても、実際に色を並べるのはこれを織る職人さんですが、「良い感じに並ぶ」ために準備するのはこちらの仕事です。
この柄は、織り方、そして特別な糸の準備によって、色の出方はかなりランダムになります。
ですが、そこでなるべく自分のイメージ通りの色の並びを出したいがために、頭を働かせて色糸を選んでいくのです。
特に今回は、自分の中では挑戦的な配色になったので、どのような色を使うかかなり悩みましたが、上の写真のところまで来れば、もう配色の8割方は済んだようなものです。
もう少し作業して、次は糸づくりにかかります。
帯として織り上がるまでにはまだ時間はかかりますが、出来上がりが楽しみです。

 

京都でも、3度目の緊急事態宣言が発令されます。
「慣れ」の問題が盛んに言われていますが、先日、危機感を強く覚える出来事があったばかりなので、これを忘れず、警戒を緩めず、この期間を乗り切っていきたいですね。