SNSを通じてどうしたいか

SNSを通じてどうしたいか

 

SNSをやっていて起こり得る2つのパターンとして、
先に、初対面で実際に会って話などをして、その後SNSでお互いにフォローする、という場合と、
元々、フォロー/フォロワーの関係で、ある時お互いに初めて実際に会うことになる、という場合。
どちらが多いかとなると、前者の方なのではないかと思うのですが、ところが最近、僕の場合だと、後者のパターンが増えていて、おもしろいものだ、と思います。

もちろん仕事上の話です。
日々の営業活動、中でも飛び込み営業をするときに、このパターンによって良い影響が生まれているな、と感じています。
要は、前々からSNSで繋がっているところへ訪問してみる、ということなのですが、
何も土台が無く完全に初対面、という場合と比べると、訪問先の方の反応だったり、距離感の縮まり方がかなり違ってくるなあ、という感覚です。
考えてみると自然な話で、逆の立場で初対面の人から「いつも見てます」といったことを言われると、悪い気はしないですし、親しみも湧いてくる、というものです。
もちろん、テクニックや下心ではなく(そりゃ少しはありますが)、単純に相手への興味からスタートしてのことです。

一般論として、SNS上で繋がっている知らない相手に実際に会う、ということには意見が分かれるところだと思いますし、大前提として「相手による」ということがあるでしょう。
その中でも、僕は上記のようなこともあり、会ってみたいという思いの方が強いです。
それに、仕事上でいくつかSNSを使っていますが、フォローしている方々は基本的に、同じ業界のことや仕事について前向きに考え行動している人や、楽しんでいる人なので、一度はお会いしてみたいな、という風に思うのです。
そして、仮にその機会が訪れたとして、相手の方にがっかりされないように、手を抜かず日々を過ごしていかないとな、と思います。