大胆な制作を目指して

大胆な制作を目指して

綴で使うヨコ糸です。
一見、何の変哲もない落ち着いたピンク系統の色糸のようですが、実はこれ、肉眼でも分かるくらいに色ムラがでるように染められています。もちろん、あえての色ムラです。
最近、少しずつ取り組んでいる色ムラを施した糸で織るやり方ですが、今回の糸がこれまでで最も濃淡の差が激しくついた色糸になります。
通常、目で見て判別できないくらいの色ムラでも、実際に織ると顕著に出てしまうもの。それを今回のような豪快に色差のある糸で織ると、一体どのようになるのか。
試し織りを少しだけ行いましたが、ただ単に織っただけなのに模様と言えるほどの表現になりました。魅力的ですがちょっと危うさも感じます。

実は、この糸を使って制作することはもう決まっていて、どんな柄のどの部分に使用するかも決まっています。あとはもう、織り手さんにお願いするところの段階です。
そして、こういった特殊な糸を使用するので実験的な試みとも言えますが、これは自主的な制作ではなく、注文品です。
普通のよくある綴とはちょっと違うものを、という流れの中で、この色ムラの糸を用いた配色を提案したところ、採用されたという運びです。
このムラ糸での表現、そして柄や配色も含めて、出来上がりはかなり大胆なものになると思います。
ともすれば、綴は古くさいもののように思われたり、実際油断するとそういうものになってしまったりする中、何か普通と違うもの、新しいものを常に模索するようにしていますが、そこで今回のような注文をいただけることはありがたい限りです。
いつものごとく、大きな期待と少しの不安がありますが、綴の新しい路線へのきっかけになれば良いな、と思います。