自然体の説明

自然体の説明

 

綴、というものは、説明が必要なものだとつくづく思います。

幾度となく、綴というものについてお話をしていますが、「綴」と聞いて、そういうものが在る、ということはご存じでも、具体的にどういう織物でどんな技法が用いられているか、ということまで把握しておられるケースは非常に稀です。
なので、そのものについての説明はもちろん、魅力については本当に丁寧に伝えないと分かってもらえない、ということを実感してきました。

分かってもらわなければ、という意識が強く働くのか、説明をする時はだいたい、力の入り具合がどこかおかしいな、と感じることが多くありました。
前のめりになったり、逆に引き気味になったり、硬くなってしまったり。説明過多になるときもあれば、足りないまま終わることもあったりと。
そんな具合でしたが、最近になってやっと、自然体で説明できているな、と思えることが増えてきました。
相手の知識量や興味の度合いに合わせて、過不足なく伝えることができているのでは、と感じています(あくまで自己評価ですが…)

キーポイントは、技術を買うわけではない、ということです。
綴、その中でも爪掻本綴は、その名の通り「爪を使って織る」ということが最大の特徴です。
織り手さんが自分の爪をヤスリで削って道具にするわけですが、ギザギザになった爪先はビジュアルとして強く、フックとしても効果抜群です。
なので、ついつい爪のことを中心にして話を展開しがちなのですが、お客さんがお買い上げになる商品は、爪を使って織られた織物、つまり帯で、それを着物や小物と合わせてコーディネートを楽しまれるわけです。
なので、爪を使って織る、という技術を買うわけではない。必ずしもそこを分かってもらう必要はない。
このことに思い至ってからは、肩の荷が少し降りたような気がしています。自己の証明のようなものに凝り固まらなくても、素直な説明を心がければ良いと。
まだまだ未熟ではありますが、少しずつ向上していきたいですね。