日記

2/12ページ
  • 2020.10.17

良いということを伝える

  何かしらの魅力を伝えたい場合、それを素直に表現すればそれだけで済む話なのかもしれないが、それがきちんと相手に伝わるかというと、そうとは限らない場合もある。だから、すごく簡単なようでいて、とても難しいことなのかもしれない。 爪掻本綴の場合、良い点はいくつもあって、もちろんそれをちゃんと説明すること […]

  • 2020.10.10

新しい(?)実演の話

  この織機は「実演用」の綴機です。実演というのは、販売の現場に綴機を持ち込んで、そこで職人さんに実際に織ってもらって、綴が織られる様子をお客さんに生で見てもらう、という催しです。最近ではめっきり実演もなくなり、この機も眠っていましたが、急遽用事ができたので、組み立てて稼働してもらっています。 景気 […]

  • 2020.10.03

染め粉を入れる心境

なんだか、しっかりと秋、という感じの気候になってきました。町家工房の中も、今はとても快適で作業もしやすいです。新設の染め場では、少し前までは草木染めが行われていましたが、ここ最近は、化学染料による糸染めが始まっています。 草木染めは、植物を煮て抽出される成分を染料として使いますが、化学染料の場合は、 […]

  • 2020.09.26

ペンギンづくり

  新しい柄をつくっています。見てのとおり(?)、ペンギンです。綴の帯でペンギン?という意見もあるかもしれませんが、普通にペンギンもつくります。 振り返ってみると、僕が新しく考える柄は動物のものが多く、古くは、すずめ猫鳥(花食鳥)くじらイルカふぐそして、今回のペンギンです。動物シリーズ、と個人的には […]

  • 2020.09.19

どうなるチャレンジ2

経緯はこちらです。↓     ざっくり説明しますと…これまで、織り手さんに仕事を依頼するにあたって、できる限り具体的にかつ詳細に制作指示をする、という方針でやってきましたが、挑戦的な試みとして、それとは逆の方法でやってみた、というわけです。つまり、大まかな指示や、柄や配色のイメージは伝えますが、細か […]

  • 2020.09.12

現場と中継が繋がっています

新型コロナウィルスに対する受け止め方も、人それぞれ徐々に変化してきたように感じますが、人が集まることに対して抵抗感があるというのは、ある程度共通のことではないかと思います。 そんな中で、人を集めることを前提に商売をしてきた身としては、いまだに全力でアクセルを踏めない状況が続いていますし、人が移動して […]

1 2 12