7/7ページ

7/7ページ
  • 2021.01.09

凍ってる場合じゃない

  手水鉢の水もすっかり凍る寒さです。これは、工房の裏庭にあるものですが、今朝来たら案の定厚く氷が張っていて、それを見越して浮かべておいた南天の実も氷漬けになっていました。記念に(?)、杼を上に乗せて写真を撮りました。京都市内は、最低気温が-4℃となかなかの寒さになっています。ですが、記録的な大雪に […]

  • 2021.01.02

今年も頑張ります

  あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。昨年は本当に大変な1年でしたが、なんとか無事に新年を迎えられたこと、ありがたく思います。年明けから、予断を許さないような状況が続いています。今年はいろいろなものが回復に向かう年だと信じたいところですが、まだまだ楽観的ではいられないの […]

  • 2019.08.08

爪掻本綴の帯

現在、服部綴工房のつくる織物は、そのほとんどが帯です。 爪搔本綴の帯。その生地は独特です。特別と言っていいかもしれません。   綴織は「縦糸の見えない平織」と定義されます。縦糸が見えないということは、表に出ているのは全て横糸で、どんなに細かい柄でも、それは横糸だけで表現されています。 そのためには、 […]

  • 2019.08.08

爪掻本綴とは?

爪掻本綴(つめかきほんつづれ)、と読みます。 西陣織の12の品種の中の「綴(つづれ)」。そのうちのひとつであり、その起源は古く、紀元前15世紀頃の古代エジプトの王墓から出土した綴織技法の麻織物が最古とされています。(参考:西陣織の品種 https://nishijin.or.jp/whats-nis […]

  • 2019.08.08

服部綴工房について

京都のいわゆる『西陣』、その西のはずれ、金閣寺や北野天満宮にほど近いところ、そこに服部綴工房はあります。 1962年(昭和37年)の創業からずっと、爪掻本綴の織物をつくり続けています。   爪掻本綴とは、「人の爪を道具にして、織り進めていく織物」というのが分かりやすいでしょうか。でも、それだけではあ […]

1 7